最近では会社勤めをせずに、個人事業主としてSOHOなどで活動している人の姿もしばしばみられます。しかし自分で事業を進めるとなると、お金がどうしても必要になります。

特に事業を立ち上げるときには、何かとお金が必要です。本拠になる事務所・事業所を準備しないといけない、備品を用意しないといけないといった感じでお金がどんどん出ていきます。

また商売をする時に何かを仕入れるとなると、この仕入れコストも考えないといけません。

経営者ともなれば従業員を雇い給与の支払いもあります。個人事業主で運転資金としてお金を借りたいと思う人も出てくるでしょう。

事務所の家賃や人件費といった固定費用が大きいと、自分の収入や自己資金を会社の事業資金として投じるいわゆる事業主借りをやったとしてもすぐに足りなくなったりします。

銀行の普通預金口座の残金がすぐゼロになり、定期預金も崩して会社の口座へいれこみ、日々の生活資金に困る経営者の方も少なくありません。

その場合、日本政策金融公庫などの公的融資や金融機関への借り入れ、個人事業主向けのローンなどが浮かぶと思います。公的融資は手続きに時間がかかりますし厳しい審査基準があります。

商工会議所へ年会費を支払って加入すると小規模事業者経営改善資金融資制度を使えるので多少は融資がおりやすいですが、それでも起業したばかりだと売上げも利益もそこまで出ていないので、信用保証協会や銀行からもそこまで大きな金額を借りることは難しいです。

金融機関への借り入れも審査が厳しくなります。そうなると個人事業主向けのローンを利用を検討するのがよいのではないでしょうか。

銀行や消費者金融の中には、フリーローンやカードローンのサービスがあります。融資された時の使途は基本的に借りた人の自由としています。

しかし実際には、事業性資金に使ってはならないというルールがあります。個人事業主向けのローンであれば、事業資金や運転資金にお金を活用できます。

事業用であれば総量規制対象外の融資が可能です

個人事業主向けのローンの魅力は、総量規制の対象外である点です。

通常貸金業者からお金を借りるにあたって、年収の1/3を上限とするルールがあります。しかし特に事業を始めたばかりの個人事業主の場合、それほど大きな稼ぎを得られていない人も多いでしょう。借入審査の際に提出する収入証明となる確定申告書は、収入から経費や税金などを控除した金額が収入となり、年収は低くなります。

個人事業主は、なるべく税金も支払いたくないため、収入も抑えて確定申告を行います。

事業主によって青色申告をしたり、まだ収入も多くないので白色申告で十分など、申告方法はさまざまだと思いますが、節税対策のために確定申告をするわけですから、収入は抑えて申告します。

そうなると、総量規制に基づき借りられる金額は限られます。しかし個人事業向けのローンであれば、総量規制が適用されないため、ある程度まとまったローンの借入ができます。

参照 ※ お金の借入方法まとめ

ビジネスローンと個人用カードローンの使い分け

個人事業主向けでおすすめのローンは事業資金や運転資金を借りるためのビジネスローンです。

提供しているのは、信販会社や消費者金融などで、例えばビジネクストやオリックスクレジットなどがあります。ただ、カードローンやキャッシングと違い、審査に1週間ほどかかりますので、注意が必要です。

個人事業主の中には、生活費など事業以外のお金が足りなくて、借金したいと思う人もいるでしょう。その場合には、カードローンの利用も検討すべきです。

ただしカードローンの場合、個人事業主はどうしても審査の評価が辛くなることも頭に入れておく必要があります。サラリーマンなどは毎月決まった額の給料が入ってきます。

しかし個人事業主の場合、月々決まった給料はなく、収入も不安定です。このため、将来にわたって安定した収入が保証されないとして、どうしても審査が厳しくなります。

ただし事業をある程度続けられている事業主であれば、安定性は十分として審査通過しやすくなります。現在行っている事業を3年以上続けられているのなら、融資を受けられる公算は高いでしょう。

そこで該当する事業主でカードローンを利用しようと思っているのなら、申し込む際に確定申告の書類を提出しましょう。直近2年くらいの確定申告書のコピーを提出すれば、安定した収入を得ていることの証明になります。

最近では会社勤めをせずに、個人事業主としてSOHOなどで活動している人の姿もしばしばみられます。しかし自分で事業を進めるとなると、お金がどうしても必要になります。

特に事業を立ち上げるときには、何かとお金が必要です。本拠になる事務所・事業所を準備しないといけない、備品を用意しないといけないといった感じでお金がどんどん出ていきます。

また商売をする時に何かを仕入れるとなると、この仕入れコストも考えないといけません。

経営者ともなれば従業員を雇い給与の支払いもあります。個人事業主で運転資金としてお金を借りたいと思う人も出てくるでしょう。

事務所の家賃や人件費といった固定費用が大きいと、自分の収入や自己資金を会社の事業資金として投じるいわゆる事業主借りをやったとしてもすぐに足りなくなったりします。

銀行の普通預金口座の残金がすぐゼロになり、定期預金も崩して会社の口座へいれこみ、日々の生活資金に困る経営者の方も少なくありません。

その場合、日本政策金融公庫などの公的融資や金融機関への借り入れ、個人事業主向けのローンなどが浮かぶと思います。公的融資は手続きに時間がかかりますし厳しい審査基準があります。

商工会議所へ年会費を支払って加入すると小規模事業者経営改善資金融資制度を使えるので多少は融資がおりやすいですが、それでも起業したばかりだと売上げも利益もそこまで出ていないので、信用保証協会や銀行からもそこまで大きな金額を借りることは難しいです。

金融機関への借り入れも審査が厳しくなります。そうなると個人事業主向けのローンを利用を検討するのがよいのではないでしょうか。

銀行や消費者金融の中には、フリーローンやカードローンのサービスがあります。融資された時の使途は基本的に借りた人の自由としています。

しかし実際には、事業性資金に使ってはならないというルールがあります。個人事業主向けのローンであれば、事業資金や運転資金にお金を活用できます。

事業用であれば総量規制対象外の融資が可能です

個人事業主向けのローンの魅力は、総量規制の対象外である点です。

通常貸金業者からお金を借りるにあたって、年収の1/3を上限とするルールがあります。しかし特に事業を始めたばかりの個人事業主の場合、それほど大きな稼ぎを得られていない人も多いでしょう。借入審査の際に提出する収入証明となる確定申告書は、収入から経費や税金などを控除した金額が収入となり、年収は低くなります。

個人事業主は、なるべく税金も支払いたくないため、収入も抑えて確定申告を行います。

事業主によって青色申告をしたり、まだ収入も多くないので白色申告で十分など、申告方法はさまざまだと思いますが、節税対策のために確定申告をするわけですから、収入は抑えて申告します。

そうなると、総量規制に基づき借りられる金額は限られます。しかし個人事業向けのローンであれば、総量規制が適用されないため、ある程度まとまったローンの借入ができます。

ビジネスローンと個人用カードローンの使い分け

個人事業主向けでおすすめのローンは事業資金や運転資金を借りるためのビジネスローンです。

提供しているのは、信販会社や消費者金融などで、例えばビジネクストやオリックスクレジットなどがあります。ただ、カードローンやキャッシングと違い、審査に1週間ほどかかりますので、注意が必要です。

個人事業主の中には、生活費など事業以外のお金が足りなくて、借金したいと思う人もいるでしょう。その場合には、カードローンの利用も検討すべきです。

ただしカードローンの場合、個人事業主はどうしても審査の評価が辛くなることも頭に入れておく必要があります。サラリーマンなどは毎月決まった額の給料が入ってきます。

しかし個人事業主の場合、月々決まった給料はなく、収入も不安定です。このため、将来にわたって安定した収入が保証されないとして、どうしても審査が厳しくなります。

ただし事業をある程度続けられている事業主であれば、安定性は十分として審査通過しやすくなります。現在行っている事業を3年以上続けられているのなら、融資を受けられる公算は高いでしょう。

そこで該当する事業主でカードローンを利用しようと思っているのなら、申し込む際に確定申告の書類を提出しましょう。直近2年くらいの確定申告書のコピーを提出すれば、安定した収入を得ていることの証明になります。

最新の記事